by Pidz111

Adobe Photoshopは写真編集、画像加工をする人であれば必須のツールです。しかし、意外とその出自を知らない人は多いのではないでしょうか。最初のPhotoshopが発売されたのは1990年2月のことですが、そのきっかけは意外なところにありました。

Story Photograpy: History of Photoshop

ミシガン州アナーバーに住む大学教授のグレン・ノール教授は写真が趣味で、家に暗室を作っていました。息子のトーマス・ノールも影響を受けて写真に興味を持ち、高校では写真部に所属して白黒印刷やカラープリントの技法、色のバランスやコントラストについて学びました。

もう一人の息子、ジョン・ノールは父親が家に持って返ってきたパソコンに興味を持ちました。初めてパソコンに触ったのは1978年発売のメモリを64Kに 増設したApple II Plusだったそうです。1984年にはMacintoshの登場を知ってすぐ父親に声をかけ、ノール教授はMacを購入することに。

やがてトーマスもプログラミングに興味を持つようになりました。1987年、デジタル画像処理についての博士研究のため、Macintosh Plusを購入したトーマス。しかし、Macではイメージ中のグレイスケールレベルを表示できなかったため、処理結果をシミュレートするためのサブルーチ ンを自分で書き上げました。

トーマスが購入したMacintosh Plus


このルーチンに目をつけたのが、当時、Industrial Light and Magic(ILM)社で働いていたジョン。トーマスがしていた作業が、デジタル化された画像の中の物体をコンピューターにいかに認識させるかということ と関係していたため、トーマスにいくつかの画像処理ツール群を作ってもらったそうです。これがピクサーの画像処理ツールに似ていたので、トーマスはコード 部分をまとめ上げ、「Display」という小さなアプリを作り上げました。

この「Display」に、異なるフォーマットで画像保存できる機能を追加したり、ガンマ補正ツールをつけたりしていって、1988年、 「ImagePro」が完成しました。このころ、ソフトの改良はトーマスの研究の主目的からは外れていましたが、トーマスはパソコン上で画像を編集すると いうことの可能性に興味を持ち始めていました。

ここで、ジョンはImageProを商用アプリにすることを提案。ちょうどトーマスの研究補助費は底をつき、また奥さんが子どもを欲しがっていたので、仕 事を見つける必要に迫られていました。そのため、トーマスは6ヶ月でImageProのベータ版を終わらせ「Photoshop」として完成させることを 決めました。ジョンはシリコンバレーでPhotoshopの売り込みを始めましたが、画像編集ソフトのPixelPaintをリリースしていた SuperMac社はこのPhotoshopがどのようにPixelPaintを補完できるのか理解できず、申出を拒否。しかし、BarneyScan社 が興味を示し、自社のスキャナにPhotoshopをバンドルしてくれることになりました。

トーマス・ノールが作ったPhotoshopのアイコン。アプリケーションのアイコンは本当に写真屋(Photoshop)のアイコンだったわけです。


1988年9月、ジョンはPhotoshopをAdobeの内部クリエイティブチームにデモを見せました。AdobeのチームはPhotoshopをいた く気に入っていて、このあとすぐにライセンス契約が結ばれ、10ヶ月の開発期間を経て、1990年2月にリリースされました。このあともトーマスはCS4 までPhotoshopプロジェクトに関わり続け、肝心の研究を終えることができませんでした。

一方のジョンはというと「ミッション:インポッシブル」「スタートレック」で特殊視覚効果のスーパーバイザーを務めたり、ILMで「スター・ウォーズ:ファントム・メナス」に関わったりしています。

写真左がトーマス・ノール、右がジョン・ノール。

by Terry White

ちなみに、グレン・ノール教授は今もミシガン大学工学部の教授職にあり、家ではPowerbookG3を使っているそうです。ただし、家にあった暗室はな くなりました。Photoshopが取って代わったせいです。まさか本人も、自分の趣味がPhotoshopを生み出すきっかけの1つになるとは思ってい なかったでしょうね。



Via http://gigazine.net/news/20111128_history-of-photoshop/